良性リンパ腫は医療用語としてはありませんが、基本的には偽リンパ腫と言われているようですね。

最新レポート リンパ腫治療の医療現場
最新レポート リンパ腫治療の医療現場

良性リンパ腫は医療的には偽リンパ腫か

病気の1つとしてリンパ腫と言う物があるかと思います。
是には良性と言われる様なものから悪性と言われる様なものとあるので、単純にリンパ腫と伝えられただけで、どうこう考える事は無いんじゃないかなと思います。
また、基本的にはリンパ腫には悪性や良性と言う物が無いようです。

よって、がん情報センター等で調べて見ても良性リンパ腫と言う言葉は無いようですね。けれども、自分も聞いた事がありますし、巷でも言ったりしている人もいるかもしれません。医療用語として言われるのは、偽リンパ腫と言われるものだと思います。
偽リンパ腫は本当のリンパ腫ではありませんが、組織学的には似ているので、良性リンパ腫と言われるようですね。症状としてはリンパ節などの炎症状態が続き、抵抗力が下がると言う事なので、これ自体に問題は無いかもしれませんが、菌が入って行き肺炎などで身体をより崩してしまうと言う危険性があるので、もしもこの様な症状になったら、安静が第一だと思います。
様々な場所で起きると言われますが、基本的には顔や耳など上半部に成り易いと言う事があります。
治療はステロイドを使った薬が一般的な様ですね。

もしも、それでも効果が無かったならば放射線治療と言う方法があるかと思いますが、医療の発達で薬が進化しているでしょうから、ある程度大丈夫じゃないかなと勝手に思っています。
リンパ腫は基本的にグリグリした物が出来たら、早めに見て貰う事が大事だと思います。
お役立ちサイト